2017年05月13日

eyes

目覚まし時計が鳴るまで待てない
大っきなパジャマの中で
気持ちは毎朝 あばれてた
どんなことでも できる気がした

一度も逢えないまま
過ぎてくはずの人に
ひと言 伝えたい
逢えて うれしかったと それだけ

ひとり 淋しくならないで
さよならに沈む時も
何が大事なことなのか
目を閉じないで確かめたい

悲しい出来事さえ
力に変えるように
言葉にしないまま
胸に ためているけれど
いつでも

つらく無口にならないで
理由もなく 泣けてきても
朝は誰にも新しい
一日を用意してる
posted by hiro at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする